接客中に押さえるコツ!

カワイイおねだりの秘密☆

ナイトワーク特有のシステムとして『ドリンクバック』があります。
コレはお客様に女の子用のドリンクをオーダーしてもらうことで、その女の子の給料にドリンク代金の一部が還元される制度のこと♪

1杯のバックが500円のお店で1日5杯頼めれば…なんと時給とは別に2,500円/日もお給料へ追加!
一ヶ月で100杯頼めれば…50,000円もプラスされちゃうんです☆★

稼ぎたい女の子が絶対に頑張りたい『ドリンクのおねだり』
上手くおねだりするコツと、逆に頼んじゃいけないタイミングを紹介しちゃいます◎

ドリンクバックをうまく使いましょう

◇◆・◇◆・◇◆

~おねだりのタイミングと方法~

【その1】初対面なら、サラッとさりげなく♪


初めてのお客様とワイワイ盛り上がっている途中「なんだか笑いすぎてノド乾いてきちゃった(笑)私もドリンク頼んでいいですか?」さりげな~く聞いてみてください!

ここであなたと話すのを楽しんでいるお客様や、優しいお客様「いいよ~!」とOKを出してくれる場合が多いです。

「え~、どうしよっかな」と軽くゴネるお客様には、あまりしつこくお願いせずもうワンプッシュ!
軽い雰囲気が流れている場合は「おねだりしてくる女の子との駆け引き」を楽しみたいお客様が多いんです♪
だからこそすぐには引かずに「えっ、ダメ?一緒に乾杯したいよ~!」可愛く甘えれば大丈夫◎
駆け引きのムードを楽しんだ後はOKしてくれるお客様が多いので、そこでは大げさなくらい「やった!○○さんありがとう♪」ニコニコの笑顔でお礼を言いましょう☆

途端にテンションが下がったり、あからさまに嫌な顔をされたり…そんな反応をされた場合は、素直に引き下がりましょう。
あんまりしつこくおねだりをすると、その場の空気をしらけさせる可能性があります(><)

【その2】常連さんなら、『一緒に』がキーワード!


お久しぶりに会うお客様の場合、席に着いた時から「お久しぶりですね!」覚えているアピールをするのがオススメです。

この一言を言うだけで「俺のことを覚えてくれていたのかな?」とお客様のテンションはアップ♪

そこでドリンクをお渡しする時に「はい、ご注文の○○です!せっかく久しぶりに会ったし、私も“一緒に”乾杯したいんだけどいいですか?」と聞いてみましょう◎
ここでも、あまりしつこくお願いするのはNGです。あくまでもさりげなく・自然にがポイント。
「一緒に楽しみたいな~!」という気持ちをアピールしちゃいましょう!

ガールズバーのお客様は自然な感じを求めています

【その3】お酒が好きです!とアピール♪


「私、普段もよく飲むんですよね~!お酒飲むと楽しくなっちゃって☆」

と言う風に『お酒が好き』というイメージを先につけておきましょう◎

もしお客様がお酒好きなら「お、どのくらい飲むの?」話がふくらむこともありますし、気前の良い方だった場合「ドンドン飲んじゃって!」「じゃあ俺と勝負しよう!」無制限にドリンクを入れられることも!(もちろん1杯追加するごとに「まだ飲んじゃってもいい?」軽く確認してくださいね)

「お酒が飲めないとその方法は通用しないんじゃ…?」と不安な女の子でも安心してください!
ほとんどのお店は「ノンアルコール」で女の子用のドリンクを用意することができますよ◎

◇◆・◇◆・◇◆

できればやっておきたい『ドリンクおねだり』ですが、逆にこのタイミングでは絶対にダメ!という場面ももちろんあります。
そこもきちんと抑えていくと、印象が悪くなることはないかも♪

~NGなおねだり行為!~

【その1】会ってすぐのおねだり!


「初めまして」の挨拶もソコソコに「私もドリンク頼んでいい?」と聞くのはオススメしません。

特に“初めましてのお客様”に対してそのようなことをしてしまうと、『名前も聞く前からすぐがっつくの?』最悪なイメージになってしまうことも…。

既に顔見知りで冗談の言い合える常連さんに対して、それなりの関係性が出来ていればイレギュラー的にOKな場合もあります。
「久しぶり~!全然会えなくて寂しかったよ~。じゃあ勝手にドリンク頼んじゃおっ♪」
「久々だね~、って、おい!(笑)」
と言う流れができている時ですね◎

そのように“冗談を言っていいかどうかわからない”時は、できるだけ会話を交わして程よく打ち解けてきてから可愛くおねだり♪にしておきましょう。

【その2】しつこく頼む!


一度断られたのに、話のスキを見て「あ~、やっぱりドリンクが飲みたい!」というおねだりを3回も4回もやると、お客様のテンションがドンドン下がってしまいます。

「せっかく今楽しくお話ができていたのに、ま~たおねだりか…」という印象がついてしまうと、最悪「この子とはもう話したくない!」と思われてしまうことも(><)

何事も程ほどが一番です◎
楽しい時間を過ごしてもらい、帰り際に「今度また来てね♪」次の来店に繋げる方向へシフトチェンジしましょう!

◇◆・◇◆・◇◆

ほとんどのお店には『ドリンクバック』というバックシステムが用意されているため、おねだりが上手になればなるほど…お給料がドンドン増えていきます!
お金に直結する“頑張りドコロ”なので、無理のない範囲で努力してみてくださいね♪

お客様と一緒に楽しむことも重要