働く前に押さえるコツ!

お店でのキャラクターを設定しよう♪

「頑張っていくお店が見つかった!これから稼いでいくぞ~!!」

ちょっと待って!
思う存分頑張るために、ちょっとした前準備をしちゃいましょう♪
『キャラクター設定』を考えておけば、どんなお客様だって対応しやすくなりますよ☆

☆★ キャラクターを設定する前に ★☆
「どうしてそんなことを考えるの?」と思うかもしれませんが、先に考えておくことで接客がとってもしやすくなるんです☆
なぜなら、お客様と色々なお話をしていく中でも特に多いのが「あなたへの質問」。

■どこに住んでいるの?
■今何歳で何をしているの?
■普段はどんなことをして遊んでいるの?
■本名はなんて言うの?

…など『知られてもイイ内容』もあれば『絶対に知られたくない内容』を質問されることも…。
そんな時に「えっ!?」と戸惑ってしまったり、前と違うことを返してしまうと「ウソは言わないでよ!!」と怒られることもあるんです。

 

周りの先輩やスタッフがフォローしてくれるとはいえ、あまりイザコザを起こさないようにしたいですよね。
自分の身を自分で守るために、色々先に対策を考えておきましょう!
仕事上でのキャラを設定しましょう
◇◆・◇◆・◇◆

【その1】自分の魅力理解しよう

 

女の子には絶対に『自分だけの持ち味』があります♪
ソコを理解してキャラクター設定を考えると、グッとお客様を惹きつけられること間違いなし◎

…見た目で考えよう!…
■こだわりのポイントあり!お洋服が大好きなオシャレ系女子
■黒髪ロングが命!清楚系アイドル女子
■毎日ワイワイ楽しいことが大好き!パリピ系女子

…性格で考えよう!…
■ゆるふわ×のほほん♪独特な空気が流れる天然系癒しキャラ
■ツンツンするけど嫌いじゃないもん。小悪魔ツンデレ系キャラ
■大人の色気がムンムン◎セクシーお姉さま系キャラ
■ノリツッコミはお任せを!面白い系キャラ

など、自分の性格に似たようなキャラクターを考えましょう!
見た目が大人しいのにお姉さまキャラ、性格は引っ込み思案なのに面白いキャラという風に、ムリのある設定はのちのち苦しくなるのでNGです。

お客様に「この子と話すと面白いな」「いつ会っても癒されるなぁ」と思ってもらえるように、魅力的なキャラクターを考えてくださいね◎

また、キャラクターが確立される=お店でのポジションが決まる、ということ☆
初めて来店されるお客様の「今日はこういう女の子とお話したい」と希望と合致すれば、あなたのファンを増やせるチャンスですよ♪

【その2】お店に合った設定考えよう

 

在籍するお店が決まっている子は、の雰囲気に合った設定を盛り込むのがオススメです◎
学生さんが多く働いてるお店なら『普段は大学生 or 専門学生』だったり、土地によっては『アニメが好き』な女の子が求められているお店もあったり…。

コンセプトがあれば、それになりきってお仕事ができるようにこころがけるのも大事なことです。
「メイド」「戦国」「女子寮」「花魁」といったコスプレ系や、「方言」「スポーツ」「ワイン専門」「リゾート風」「カジノ風」など、多種多様なイメージを大切にしているお店がいっぱいあります☆
そのテーマに合っているキャラクターを設定すると、あなたの魅力がグッとアップ♪

普通のガールズバーでも「大人しい子」「ギャル系」「アイドル風」など、それぞれ求められてる人物像があるハズなので、そこをしっかり把握して自分のキャラクターを確立させてくださいね!
自分のキャラを演じましょう

【その3】矛盾がないか確認しよう

 

お客様と会話をしていると、質問される機会がとても多くなります。

…例えば…
名前(本名)
■誕生日
■年齢
どこに住んでいるのか(家の最寄り駅など)
■昼にやっていること
■お店で働いている理由
彼氏がいるのかどうか
■どんなタイプの人が好みか
■休日は何をしているのか etc.

誕生日や年齢などはバレたとしても無問題な気がしますが、本名や最寄り駅彼氏がいるのかどうかなんて、正直会ってすぐの人に言いたくはないですよね。

そこで、自分の中で色々な情報を設定しておきましょう☆
特に『名前』『最寄り駅』絶対に考えることをオススメします♪
お客様の中には「で、本名を教えてよ」としつこく質問してくる方もいるので、そんな方を納得させるため、サラリと答えられるようにしておくのがイチオシです☆
「本当はね…○○っていうんだ、2人だけの秘密だよ♪」特別感を演出するも良し。
「源氏名じゃなくて本名なんだ!だってその方がすぐ仲良くなれそうでしょ☆」無邪気に返すも良し。

もちろん本名や最寄り駅がバレてもいい方は特に対策をしなくても大丈夫ですが、絶対にバレたくない女の子は考えておきましょうね!
お客様を納得させられれば、どんな返事だってOKです◎
ちょっとしたウソは…ご愛嬌ということで(笑)

その代わり、一度答えた返事と違うことを返さないように気をつけること。
「アレ、この前は○○ちゃんって言ってたのになぁ…」
「最寄り駅、この前と変わってる気がする…」
そんな不信感をもたれてしまうと「あの子は俺にウソをついている」と、お店に来てもらえなくなるかもしれません(><)

バレなければウソではありません

◇◆・◇◆・◇◆

ガールズバーというのは、お客様にちょっとした『夢』を見させるお仕事です。
そこを意識して考えてみると、だんだん“攻略法”が見つかっていきますよ☆